中高年からのメタボ対策

食欲を抑える工夫

この抑えられない食欲を何とかしたいと思っている人も多いと思います。そこで、ここでは食欲を抑えるためのアプローチを心理的側面から考えてみたいと思います。どんな方法でもそれなりの効果があるかもしれません。是非一度試してみてください。

食卓周りに寒色系をたくさん配置する

青色などの寒色系の色には食欲を減退させる働きがあると言われています。これは、自然界には青色の食材は殆ど存在しないところからきているのかもしれません。テーブルクロス、食器、お箸などに寒色系のものを取り入れてみましょう。

照明は蛍光灯にする

暖色系の照明は気分が落ち着いたり、元気が出たり、食欲が出たりします。反対に蛍光灯の青白い光には食欲が湧きにくくなる働きがあると言われています。もし、食卓周りの照明が白熱灯なら青白い光の蛍光灯に変えてみましょう。

ストレスをためない

ストレスが貯まるとリラックス作用のあるセロトニンが減少します。そうなると食べることでストレスを解消しようとして食欲が止まらなくなりストレス太りをしてしまうことになるので要注意。そうならないためには、毎朝起きた時に朝日を浴びながら腹式呼吸をすることでセロトニンの分泌が促されてリラックス状態になり食欲も抑えられます。

朝日を浴びながら深呼吸をする夫婦

スポンサードリンク