中高年からのメタボ対策
中高年からのメタボ対策 > メタボの基礎知識 > 食事回数が多いと太りやすい

食事回数が多いと太りやすい

ちょっと前に「ちょこちょこ食べダイエット」がはやりました。これは一日の摂取カロリーが同じ場合、食事の回数を多くするとダイエット効果があるというもの。加藤ローサさんや北川景子さんなどの芸能人もやっているということで一時話題になりました。でも、これって本当?と思いませんか?

実は、一日の摂取カロリーが同じ場合、食事回数の多い人は食事回数の少ない人よりも肥満になりやすいという研究成果が米国栄養学会誌「Journal of Nutrition」オンライン版に掲載されたのです。

「ちょこちょこ食べダイエット」で痩せるためには食事は腹6分。間食に砂糖を含む甘いものはダメ。ポテトチップスなど油分の多い間食もダメ。食べてもいい間食はナッツ、大豆、小魚、ヨーグルト、野菜スティックなどを少量。お酒もできるだけ控える、などなど普通の人が実行するにはかなりハードルが高い内容になっています。

やはり、ダイエットで成功するためには、食事は普通に3回にして、腹8分を目標に食べ過ぎに注意しながら栄養のバランスの取れた食事にして、あとは運動量を増やすなど、当たり前の方法でダイエットに取り組んでいった方が良さそうです。

スポンサードリンク