中高年からのメタボ対策

食べ過ぎの原因を知る

年末年始の忘年会や新年会、年度末や年度初めの送別会や歓迎会、その他パーティーなど、多くの人たちが集まる食事会や宴会などで楽しい雰囲気につられてつい食べ過ぎてしまったことはありませんか?

普段から自分ではそんなにたくさん食べているつもりはないのに、いつのまにか結構な量を食べてしまっていて後悔したことのある人も多いはず。

つい食べ過ぎてしまう男性
食べ過ぎの男性

メタボ、あるいは太り過ぎの最大の原因は間違いなく『食べ過ぎ』です。そして、この食べ過ぎを何とかしない限りはメタボや太り過ぎは解消できません。自分がメタボや太り過ぎの人は、まずは自分が食べ過ぎている事実に気づきましょう。すべてはそこから始まります。

人が食べ過ぎてしまう原因には色々ありますが、そこには個人の意志の弱さだけではない様々な原因があるんです。人が食べ過ぎてしまう原因を知ることで食べ過ぎによるメタボを防止することができるかもしれません。

疲労によるストレス

肉体的・精神的疲れを解消しようとしてつい食べ過ぎてしまうことがあると思います。いわゆる「やけ食い」というやつですね。食べ過ぎを防ぐためにはストレスをあまりためないように気を付けましょう。しかし、どうしても我慢ができなくなったら食べてしまってOKです。ただし、鏡を使ってやけ食い・ドカ食いをしている自分の醜い姿を見ながら食べましょう。そんな自分の姿はけっして見た目のいいものじゃないはず。その姿にショックを受けて食べ過ぎがなくなること請け合いです。

バランスの悪い食事

炭水化物に偏った食事や糖質の多い食事も食べ過ぎにつながりやすくなります。バランスの良い食事を心がけましょう。

早食い

早食いの癖のある人は要注意。食べるのが早過ぎると満腹感を感じた頃には既に食べ過ぎの状態になっています。ゆっくりと食べることで自然に食べ過ぎを防ぐことができます。

ながら食べ

テレビを見ながら食事をしたり、スマホを触りながら食事をしたりなど、食事に集中していないとつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。食事はじっくりと味わいながら食べた方が美味しいし、食べ過ぎを防ぐことにもなるんです。

退屈

やることがなくて退屈している時など、何となくテレビを見ながらお菓子をつまんだりしていることってないですか? 気がついた時にはポテトチップをひと袋食べてしまっていたなんてことになると大変です。

人付き合いが多い

人付き合いが多いと宴会が増えたり外食が増えたりすることが多いと思います。お酒のつまみや外食は味が濃くてカロリーも高めになっています。人付き合いを減らすことが難しければ、枝豆やサラダや冷奴など、低カロリーでヘルシーなメニューを意識して選択するといいでしょう。

糖分の多い食事

糖分や脂分が多くて味の濃い食事は食欲を増してつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。食事はできるだけ薄味を心がけましょう。

スポンサードリンク