中高年からのメタボ対策
中高年からのメタボ対策 > メタボを予防する生活習慣 > 食べ過ぎた後のリセット方法

食べ過ぎた後のリセット方法

ダイエット中でもつい気が緩んで食べ過ぎてしまうことって誰にもあると思います。翌朝体重計に乗ったら思った以上に体重が増えていて顔が青ざめた経験があるのではないですか。でも大丈夫。食べ過ぎを無かったことにするうまい方法があるんです!

翌日の朝食は果物のみ

食べ過ぎてしまった日の翌日の朝食には果物がオススメ。特に、パイナップル、パパイヤ、バナナ、キウイフルーツ、マンゴーなどには消化酵素がたくさん含まれているので特にオススメです。酵素を食べ物で摂取すれば体内にある酵素をダイエットに役立つ代謝酵素にたくさん割り当てることができるので太りにくくなります。また果物にはビタミンやミネラルを多く含むので美容と健康にもいいですね。

ダイエット効果のある飲み物を飲む

食べ過ぎた時は、マテ茶、ハトムギ茶、ペパーミントティー、珈琲などのダイエット効果のあるドリンクがオススメ。マテ茶は脂肪分解と疲労回復、ハトムギ茶は新陳代謝の促進、ペパーミントティーは消化機能の促進、珈琲は脂肪分解と疲労回復などの働きがあるので、食べ過ぎじゃない時にもオススメです。

翌日は腹式呼吸を多めに実行

食べ過ぎてしまうと多すぎる食事量に消化が追いつかなくなって胸焼けや便秘になってしまいます。そんな時は腹式呼吸をして優しく胃腸を刺激してやると便秘になりにくくなってダイエットにもいいですね。食べ過ぎじゃない時でも胃腸に優しい腹式呼吸がオススメです。

筋トレと有酸素運動をする

食べ過ぎた翌日は筋トレやウォーキングなどの有酸素運動をして少しでもカロリーを消費しましょう。ジムでトレーニングするのが一番のオススメですが、それが難しい場合は、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段で登り降り、バスや電車をひと駅前で降りてウォーキングするだけでも効果的です。

翌日の夕食は暖かい鍋もの

食べ過ぎた時の翌日の夕食には体を温めてくれる鍋ものがいいですね。特に、低カロリーで食物繊維やビタミンやミネラルを含む白菜がオススメ。ポン酢で美味しくいただきましょう。

スポンサードリンク