中高年からのメタボ対策
中高年からのメタボ対策 > メタボの基礎知識 > メタボになりやすい人の特徴

メタボになりやすい人の特徴

もう既にメタボになっている人、メタボになりやすい人にはある共通した特徴があるんです。その特徴を知ることでメタボになることを未然に防ぐことができます。その特徴とは、次の17項目です。

【メタボになりやすい人の特徴】

  1. 身近にメタボな人がいる
  2. ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上ある
  3. 朝食を抜いたり、間食や夜遅い食事が多い
  4. 早食い、ながら食い、常に満腹まで食べるドカ食いをしている
  5. 就寝の2~3時間以内に食事をすることが多い
  6. 睡眠の質が悪い
  7. タバコを吸っている
  8. お酒を飲むことが多い
  9. 20歳の時に比べて体重が10kg以上増えた
  10. コーラやジュースなどの清涼飲料水をよく飲む
  11. 殆ど運動をしない
  12. 自宅に体重計が無い
  13. 血の繋がった親族に糖尿病の人がいる
  14. お腹が張っていて指でつまめない
  15. 同世代の人と比べて歩くのが遅い
  16. 血圧が130/85mmHg以上である
  17. そういえば、もう何年も健康診断を受けていない

上記の項目に何個以上当てはまったらメタボになっているというハッキリとしたことは言えませんが、あてはまる項目の数が多いほどメタボになる危険性が高い、あるいはもう既にメタボになっている可能性が高いということです。不安な人は、かかりつけの病院に行って診察を受けることをオススメします。

中高年と言われる年齢になってきて、ひょっとして自分はメタボなのではないかと気にしている人も多いと思います。また、最近は「隠れメタボ」という言葉もあるので、見た目が太っていないからといって油断は禁物です。

スポンサードリンク