中高年からのメタボ対策
中高年からのメタボ対策 > メタボの基礎知識 > ダイエットを楽に続ける方法

ダイエットを楽に続ける方法

ダイエットを成功させるためにはダイエットを続けることが絶対条件。どんなダイエット方法も続けてやらないことには思うような結果は出せませんよね。

こんなことを書くと『それが難しいんだよ』という声が聞こえてきそうです。でも、大丈夫。そのダイエットをうまく続けるためのコツがあるんです。

目移りしない

テレビや雑誌やネットなどで色んなダイエット方法が紹介されていますが、同時にあれこれ試し過ぎるのはよくありません。

どんなダイエット方法でも効果が出るまでにはある程度の時間が必要です。自分に合ったダイエット方法を知るためにも、ある程度の期間はひとつのダイエット方法に絞ってやってみる方がいいでしょう。

我慢し過ぎない

ダイエットは長期戦。理想のボディーラインを手に入れるためにはある程度の我慢も必要ですが、過度の我慢はかえって逆効果。我慢し過ぎたためにリバウンドしてしまって、ダイエットを始める前よりも体重が増えてしまっては何にもなりません。

そこで時々は頑張った自分にご褒美を。今週は頑張ったからお菓子を少しだけ、あと1キロ体重が減ったらビールを1本など、頑張っている自分を褒めてあげましょう。

思い込む力

人間思い込んだら強いですよね。この方法だったら絶対に痩せられると強く思い込めば効果も出やすいもの。

どんなダイエット方法も疑いながらだとなかなか効果は出にくくなります。たいした根拠は無くても『これで絶対にうまくいく!』という自己暗示の力もバカにはなりませんよ。

人に宣言する

ダイエットは孤独な自分との戦いです。失敗したら恥ずかしいので、ひとりでこっそりダイエットをやっている人も多いようです。しかし、残念ながらこれではうまくいかないことが多いです。

そんな時はダイエットをやっていることを人に言っちゃいましょう。人の目に晒されて、やる気も出るというもの。一緒に頑張るダイエット仲間を作ると更にうまくいきやすくなります。

ルールはゆるいくらいでちょうどいい

ダイエットは、短期間で一気にやるよりも、ある程度長い時間をかけてゆっくりやった方がリバウンドしにくいし、健康的に痩せられます。

あまりに厳しいルールは長続きしません。ルールはゆるいくらいでいいのです。一旦体重が落ち始めたらダイエットが楽しくなってきます。無理は禁物です。

よく笑う

ダイエットを楽に続けるコツで「よく笑う」って聞いて、「え?!」と思ったあなた。笑うって結構カロリー消費するんですよ。10分間笑うと10~40kcal消費するそうですよ。しかも、よく笑っていると代謝の速さも20%程度アップするそうです。

楽しく笑っているとストレス解消になるし、精神的にも凄くいいですよね。ダイエット仲間と楽しく笑っているとダイエット成功間違いなしです(^o^)

スポンサードリンク