中高年からのメタボ対策

ウォーキングのすすめ

ノルディックウォーキングに何となく抵抗があるなら普通のウォーキングでも構いません。ノルディックウォーキングほどではありませんが、普通のウォーキングでも体にたまった余分な脂肪が落ちるので、メタボ対策のトレーニングとして効果を発揮します。最初は短時間からでもいいので、楽しみながらできる範囲で長続きさせるのが大切です。

ウォーキングはダイエットに効果的だけではなくて、老化予防やストレス解消、骨粗しょう症の予防にも効果があります。お気に入りのコースを颯爽と歩いてみましょう。

ウォーキングをする時の靴は履きなれている靴なら何でもかまいません。これからウォーキングのために靴を準備するのならウォーキングシューズがいいでしょう。

1日10分から始めて、少しずつ時間と距離を長くしていきましょう。ウォーキングのダイエット効果を高めるために、ちょっと意識しておいた方がいいポイントがあります。背筋を伸ばして姿勢を良くし、胸を張って、腕を大きく振りながら大股でテンポよく歩きましょう。暫くウォーキングをしていると汗ばんできますが、ウォーキング後に体を冷やさない工夫も大切です。

体重によっても違いがありますが、ウォーキングの消費カロリーは、1万歩を約1時間半かけて歩いた場合、おおよそ300kcalほどになります。それに対してランニングの場合は、体重によって30分で190~260カロリーほどを消費します。ウォーキングで物足りなくなってきたら、ランニングに挑戦するのも良いダイエット方法です。

【理想的なウォーキングのフォーム】

理想的なウォーキングのフォーム

履いて歩けばカロリー消費大幅アップ!
↓ (こちらで確認) ↓