中高年からのメタボ対策

インスタント麺の食べ方

少ない手間で手軽に食べることができるカップラーメンやカップ焼きそばですが、ダイエット中の方はその食べ方に少し気を付けた方がいいかもしれません。

実は、カップ焼きそばの方がカップラーメンよりも高カロリーで太りやすいのです。カップ焼きそばのソースには多くの油分を含んでおり、汁無しでも満足感を出すために麺の量もカップラーメンよりも多くなっていて高カロリーになっているのが一般的。

カップラーメンとカップ焼きそばをどちらか食べるのならカップラーメンの方がダイエットのためにはいいということになります。しかし、そもそもどちらも炭水化物中心の食べ物なので、食後は血糖値が急上昇して脂肪を貯めこみやすくなるのでダイエットに適した食べ物とはいえません。

血糖値の急上昇を防ぐには野菜も一緒に食べることが大切。ラーメンや焼きそばが食べたくなったら、カップ入りではなくて袋入りのインスタント麺を使います。

ラーメンなら麺と一緒に野菜を煮込んだり、焼きそばなら袋入りの生麺を野菜と一緒に炒めて食べると、栄養価が良くなり、しかも血糖値の急上昇も抑えられてダイエットにも効果的です。

スポンサードリンク